閉じる
閉じる
閉じる
  1. 秋葉原の連絡通路でスターウォーズフィギュアの展示やっているよ【2016…
  2. 「おかしいぞ?ヤル気が出ないぞ?」という時に足りないもの
  3. デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』を観たら力が湧いて…
  4. スタンリー・キューブリック『アイズ・ワイド・シャット』の、このセリフ
  5. 「カンブリア宮殿」で梅原真さんというデザイナーを知った
  6. キャスリン・ビグロー『ゼロ・ダーク・サーティ』は問題作みたいだけど、単…
  7. ニール・ブロムカンプ『第9地区』をNetflix(ネットフリックス)で…
  8. 中秋の名月「スーパームーン」をそこそこ良いデジカメ(RX100)で撮っ…
  9. Kindle Paperwhiteでフォルダを作って本を整理する方法
  10. naftのcollinette(コリネット)[ツボ押し]が販売中止だっ…
閉じる

といぽちょりん

Sponsored Link

『スターシップ・トゥルーパーズ』は良い意味で変な映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
alphabet_character_s

こんにちは、といぽちょりん、です。

『スターシップ・トゥルーパーズ』っていう映画、観たことある? ロバート・A・ハイラインという巨匠小説家の本を実写化したというアクションSFシリーズなんだけど、なんていうか、スターウォーズとかエイリアンとかと違う意味で、いろいろ凄い。

先に結論を書いておくと、この映画は面白い!僕はネットでレンタルして2回見たんだけど、2回目も全く退屈しなかった。それはストーリーうんぬんじゃなくて、映画としての演出やリズム、スピード感の力量によるものだと思う。実に凄い!

何が凄いかと言うと、ストーリーがこんなに薄っぺらいのに、こんなに面白いって、どういうことだろう!?って思わせるところなんだ。一見すると、実にアメリカ万歳的戦争映画。地球を守るために異星人と戦う宇宙兵士たちの勇士を描いた戦争映画なんだけど。でも見たらわかるけど、なんか変なんだよね。

うーん、どういったらいいのかな、全てに風刺が効いているんだ。ストーリーの薄さや、戦闘シーンの嘘くささや、キャラクターの馬鹿さ加減が、全て計算しつくされた冗談として成立しているんだ。

それでいて、映像や演出のクオリティーはとても高い!そのギャップに参ってしまうんだろうね。気持ちのいいテンポで、まったく感傷なく進む展開。映画を見てスカッとしたい人には最適な映画です。苦みの効いた炭酸水のような、パンチのある映画だよ。

じゃあね、といぽちょ、でした。

関連記事

  1. alphabet_character_c

    キャスリン・ビグロー『ゼロ・ダーク・サーティ』は問題作みたいだけ…

  2. alphabet_character_i

    今村昌平『復讐復讐するは我にあり』をdTVで観たよ

  3. alphabet_character_d

    ニール・ブロムカンプ『第9地区』をNetflix(ネットフリック…

  4. alphabet_character_e

    スタンリー・キューブリック『アイズ・ワイド・シャット』の、このセ…

  5. alphabet_character_s

    デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』を観たら力が…

  6. 151229_starwars01

    秋葉原の連絡通路でスターウォーズフィギュアの展示やっているよ【2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


「といぽちょりん」について

alphabet_character_t

ワーカホリック(仕事中毒)気味の僕「といぽちょ」が、自分の脳みそと精神をゆるめるために書いているブログ。ゆるく、ハードルを低く、がテーマです。文章を書くという行為は、慣れてくると息をするように出来るものです。その文章のクオリティを問わなければね!このブログは、クオリティの低さを追求してゆきます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る