閉じる
閉じる
閉じる
  1. 秋葉原の連絡通路でスターウォーズフィギュアの展示やっているよ【2016…
  2. 「おかしいぞ?ヤル気が出ないぞ?」という時に足りないもの
  3. デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』を観たら力が湧いて…
  4. スタンリー・キューブリック『アイズ・ワイド・シャット』の、このセリフ
  5. 「カンブリア宮殿」で梅原真さんというデザイナーを知った
  6. キャスリン・ビグロー『ゼロ・ダーク・サーティ』は問題作みたいだけど、単…
  7. ニール・ブロムカンプ『第9地区』をNetflix(ネットフリックス)で…
  8. 中秋の名月「スーパームーン」をそこそこ良いデジカメ(RX100)で撮っ…
  9. Kindle Paperwhiteでフォルダを作って本を整理する方法
  10. naftのcollinette(コリネット)[ツボ押し]が販売中止だっ…
閉じる

といぽちょりん

Sponsored Link

「楽天銀行カード」キャッシュカード機能停止の後日談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
alphabet_character_r

こんばんは、といぽちょ、です!

こないだ、「楽天銀行カード」のキャッシュカードATM暗証番号を3回間違えたら結構面倒なことになった話、というのを書いたんだけど、その続きね。

要は、「楽天銀行キャッシュカード」「楽天カード(クレジットカード)」の両方の機能を持つカードで、キャッシュカード機能だけが止まっちゃったという話。暗証番号を入れ間違えちゃったせいでね。

今の状態は、

・楽天銀行ネットバンキング口座:健全

・楽天銀行キャッシュカード(ATM):停止

・楽天カード(クレジット):健全

という状態。

それでね、これを解決するには、カードを再発行するしかないんだ。でも、クレジットカードを再発行すると、クレジットカード番号が変わっちゃうし、そうすると、カード番号登録して自動決済しているサービスを全部変更しなければいけないから、すごく面倒な分け。

それで、改めて「このまま放置ちゃだめですか?」って楽天銀行に聞いてみたんだ。結論的には「問題ないですよ」という話。でも、もちろんATMは使えないので不便だけど、僕はあまり楽天口座でATMを使わないので問題ないんだ。

というわけで、ある程度時間が出来てから、カード再発行することにした。

ところで「カード再発行」をせずに、楽天銀行キャッシュカードを使えるようにする技もついでに教わったから書いておくね。それは「もう一枚カードを作る」っていう方法なんだ!

つまり、今持っているカードの「キャッシュカード機能」はあきらめて、別の、例えば「楽天銀行デビッドカード」を別個作って、そっちにキャッシュカード機能を持たせるんだね。つまり「二枚持ち」っていうわけ。

そうすれば、今の楽天カード(クレジット)番号を生かしたまま、別のキャッシュカードを手に入れることができる。もちろんその場合、新たにデビッドカードの番号を手に入れることになってしまうけど、それは使わなければいいだけの話。

まあ、そんなとこ。

感想だけど、なんかミスったりトラブったりすると、勉強になるね。意識していなかった物事の仕組みが良く分かったりする。そういう意味では、悪い事ばかりではないよ。

今日はこんなところ。

といぽちょ、でした。

関連記事

  1. alphabet_character_o

    追われた時、逆にこちらから「間合いを詰める」という技

  2. alphabet_character_p

    パソコン画面が眩しくて目が痛かった現象が簡単に改善したよ

  3. 150613_tantei

    僕が名探偵ホームズから学んだ「他人から情報を引き出す秘技」

  4. alphabet_character_y

    「おかしいぞ?ヤル気が出ないぞ?」という時に足りないもの

  5. alphabet_character_r

    「楽天銀行カード」のキャッシュカードATM暗証番号を3回間違えた…

  6. alphabet_character_a

    新しい場所に行くだけで思考が変わることがあるよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


「といぽちょりん」について

alphabet_character_t

ワーカホリック(仕事中毒)気味の僕「といぽちょ」が、自分の脳みそと精神をゆるめるために書いているブログ。ゆるく、ハードルを低く、がテーマです。文章を書くという行為は、慣れてくると息をするように出来るものです。その文章のクオリティを問わなければね!このブログは、クオリティの低さを追求してゆきます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る