閉じる
閉じる
閉じる
  1. 秋葉原の連絡通路でスターウォーズフィギュアの展示やっているよ【2016…
  2. 「おかしいぞ?ヤル気が出ないぞ?」という時に足りないもの
  3. デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』を観たら力が湧いて…
  4. スタンリー・キューブリック『アイズ・ワイド・シャット』の、このセリフ
  5. 「カンブリア宮殿」で梅原真さんというデザイナーを知った
  6. キャスリン・ビグロー『ゼロ・ダーク・サーティ』は問題作みたいだけど、単…
  7. ニール・ブロムカンプ『第9地区』をNetflix(ネットフリックス)で…
  8. 中秋の名月「スーパームーン」をそこそこ良いデジカメ(RX100)で撮っ…
  9. Kindle Paperwhiteでフォルダを作って本を整理する方法
  10. naftのcollinette(コリネット)[ツボ押し]が販売中止だっ…
閉じる

といぽちょりん

Sponsored Link

テラスハウスの映画『 クロージングドア』をdTVで見た感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
alphabet_character_t

こんばんは、といぽちょ、です。

テラスハウス、観たことある?6人(男×3+女×3)の若者たちが、ひとつの大きな家で共同生活をする、っていうテレビ番組。登場する若者は、ずっと同じメンバーというわけではなくて、時々「卒業」というかたちで、入れ替わってゆくんだ。一応、脚本なしということになっているけど、その点はよく分からない。

この番組、好きな人と嫌いな人がいるみたいだけど、僕はけっこう気に入っている。脚本があってもなくても、そこは割と気にならない。純粋にエンターテイメントとして、良く出来ていると思うんだ。

3年間も続いていた訳だけど、コンセプトがぶれていなくて立派だと思う。

・他人同士が家族的な距離で暮らす切なさ

・オシャレな絵柄

・コミュニケーションのお手本

・モラトリアム的な郷愁

そういったムードが、きちんとした品質で作られているから、安心して雰囲気に浸っていられるんだ。自分が過去に経験した、淡い恋愛とか、切ない思い出みたいなものを、追体験できるようになっている。

今回観た『クロージングドア』は、そのテラスハウスの集大成みたいなもので、映画として公開されていたものらしい。ちょうど、僕が加入しているdビデオでレンタルできたから、さっきお酒飲みながら観たところ。予告編の公式動画がこれね。

うん、とても良かった。

テラスハウスの集大成を作るなら、こういう要素が欲しくて、こういう気持ちになって観たい、というニーズを、余すところなく満たしてくれたよ。とても安心して気持ちよく観る事ができた。

これは映画だから、映画館でやっていたんだろうけど、テラスハウスを観るなら、やっぱり家のリビングで、お酒とおつまみを用意してダラダラ観るのがいいと思うんだ。実際、よく飲食店で食事をしている場面が出てくるから、観ているこっちも何か食べたくなっちゃうし。

というわけで、ネットで動画レンタルしていたから、観たっていうわけ。うん、この『クロージングドア』は、テラスハウスをテレビで見ていた人なら、満足する内容だと思ったよ。

ところで、またテラスハウス、新たにはじまるみたいだね。

じゃあね、といぽちょ、でした。

関連記事

  1. alphabet_character_d

    ニール・ブロムカンプ『第9地区』をNetflix(ネットフリック…

  2. 151229_starwars01

    秋葉原の連絡通路でスターウォーズフィギュアの展示やっているよ【2…

  3. alphabet_character_e

    スタンリー・キューブリック『アイズ・ワイド・シャット』の、このセ…

  4. alphabet_character_c

    キャスリン・ビグロー『ゼロ・ダーク・サーティ』は問題作みたいだけ…

  5. alphabet_character_s

    デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』を観たら力が…

  6. alphabet_character_s

    『スターシップ・トゥルーパーズ』は良い意味で変な映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


「といぽちょりん」について

alphabet_character_t

ワーカホリック(仕事中毒)気味の僕「といぽちょ」が、自分の脳みそと精神をゆるめるために書いているブログ。ゆるく、ハードルを低く、がテーマです。文章を書くという行為は、慣れてくると息をするように出来るものです。その文章のクオリティを問わなければね!このブログは、クオリティの低さを追求してゆきます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る