閉じる
閉じる
閉じる
  1. 秋葉原の連絡通路でスターウォーズフィギュアの展示やっているよ【2016…
  2. 「おかしいぞ?ヤル気が出ないぞ?」という時に足りないもの
  3. デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』を観たら力が湧いて…
  4. スタンリー・キューブリック『アイズ・ワイド・シャット』の、このセリフ
  5. 「カンブリア宮殿」で梅原真さんというデザイナーを知った
  6. キャスリン・ビグロー『ゼロ・ダーク・サーティ』は問題作みたいだけど、単…
  7. ニール・ブロムカンプ『第9地区』をNetflix(ネットフリックス)で…
  8. 中秋の名月「スーパームーン」をそこそこ良いデジカメ(RX100)で撮っ…
  9. Kindle Paperwhiteでフォルダを作って本を整理する方法
  10. naftのcollinette(コリネット)[ツボ押し]が販売中止だっ…
閉じる

といぽちょりん

Sponsored Link

Kindle Paperwhiteでフォルダを作って本を整理する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150927_kindle

こんばんは、といぽちょ、です。

僕はKindle Paperwhiteを愛用している。気になっている本がKindle版で出ていれば、とりあえず購入しておいて、Kindle内で積読(つんどく)しておくんだ。そして、ちょっとした空き時間とか移動時間で、少しずつ読むようにしている。

とりあえずカバンの中にKindleを入れておくような習慣にしておくだけで、結構、書物に触れる時間を効果的に増やすことができるよ。

さて本題。

Kindleって初期の状態だと、買った本がどんどんホーム画面に並んでいくので、読みたい本を探すのが意外と面倒になってしまうんだ。そういう時に、パソコンのファイルみたいに「フォルダ分け」できるといいよね。うん、できるんだよ。でも、Kindle Paperwhiteでは「フォルダ」という呼び名の機能じゃないから、それについてご紹介しよう。

まず、ホーム画面の右上にある「三」の字のボタンを押す。するとメニューが色々出てくるから、ここで『新しいコレクションを作成』を押すんだ。この「コレクション」というのが、パソコンで言うところの「フォルダ」にあたるわけ。

150927_kindle-folder1

そうすると、コレクション名(つまりフォルダ名)を記入する画面が出てくるから、記入して「OK」を押せば、完了。とても簡単だね。

150927_kindle-folder2

ちなみに、コレクション名は、日本語でもアルファベットでも作れるよ。僕は恰好つけてアルファベットにしているけどね。

次に、買った本をコレクションに格納(分類)する方法。これも、とても簡単。まず、本の一覧の画面で、本の名前を「長押し」すると、次の写真みたいに、メニューが出てくる。

150927_kindle-folder3

そしたら、その中で「コレクションに追加」っていう項目を押すと、今度は、すでに作ったコレクション名の一覧が出てくる。

150927_kindle-folder4

そうしたら、格納したいコレクション名のところに「レ」を付けて「完了」を押せば、無事格納されます。これで、いつでも読みたい本をササッと呼び出せるようになるよ。

じゃあね、といぽちょ、でした。

 

関連記事

  1. alphabet_character_k

    岸見一郎・古賀史健『嫌われる勇気』を振り返るよ

  2. 150913_rx100

    SONYのコンデジRX100の中でM2でもM3でもなくM1を選ん…

  3. 150612_kuukounite

    村上龍『空港にて』は僕が心を整えたい時に読む本

  4. alphabet_character_p

    出先で記事を書くならKING JIMの『ポメラ(POMERA)』…

  5. 150529_tetsugaku

    土屋賢二『あたらしい哲学入門』読んでるよ

  6. 150927_naft-collinette1

    naftのcollinette(コリネット)[ツボ押し]が販売中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


「といぽちょりん」について

alphabet_character_t

ワーカホリック(仕事中毒)気味の僕「といぽちょ」が、自分の脳みそと精神をゆるめるために書いているブログ。ゆるく、ハードルを低く、がテーマです。文章を書くという行為は、慣れてくると息をするように出来るものです。その文章のクオリティを問わなければね!このブログは、クオリティの低さを追求してゆきます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る