閉じる
閉じる
閉じる
  1. 秋葉原の連絡通路でスターウォーズフィギュアの展示やっているよ【2016…
  2. 「おかしいぞ?ヤル気が出ないぞ?」という時に足りないもの
  3. デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』を観たら力が湧いて…
  4. スタンリー・キューブリック『アイズ・ワイド・シャット』の、このセリフ
  5. 「カンブリア宮殿」で梅原真さんというデザイナーを知った
  6. キャスリン・ビグロー『ゼロ・ダーク・サーティ』は問題作みたいだけど、単…
  7. ニール・ブロムカンプ『第9地区』をNetflix(ネットフリックス)で…
  8. 中秋の名月「スーパームーン」をそこそこ良いデジカメ(RX100)で撮っ…
  9. Kindle Paperwhiteでフォルダを作って本を整理する方法
  10. naftのcollinette(コリネット)[ツボ押し]が販売中止だっ…
閉じる

といぽちょりん

Sponsored Link

眉村卓『不定期エスパー』はもう売っていないんだろうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
alphabet_character_m

こんばんは、といちょぽ、です。

昔、眉村卓という日本SF作家の書いた『不定期エスパー』という本を読みふけったことがある。当時は、日本SF作家が群雄割拠していた時期で、星進一、筒井康孝、など、ショートショートと呼ばれる超短編小説が流行っていた。

眉村卓も例にもれず、ショートショートを得意とする作家だったと思う。もちろん長編小説も色々と書いていて、有名なのは『なぞの転校生』とかだろう。

ただ、僕はとりわけ『不定期エスパー』という本にのめり込んだ。

近未来的な異世界を舞台に繰り広げられる、主人公の冒険譚なのだが、主人公は英雄でもなければ有名人でもない。どちらかというと不遇な目にあっている一般人なのである。ただ、唯一、自分の意思と関係なく覚醒する不便な超能力だけが、主人公の個性をきわだたせている。

僕は、その異世界の世界観がすごく気に入ってしまい、毎日毎日持ち歩いて読んでいた。ところがずっとカバンに入れていたせいで、今手元に残っている本はヨレヨレなのだ。読みにくいほど。

新しく売っていれば買いたいのだけれど、本屋に行ってもインターネットで調べても、売っていない。KINDLE版でも出ればよいのだけど。

そもそも、眉村卓の本自体、ほとんど(全く?)本屋で見かけない。どうしたのかな、と思う。

では、このへんで。

といぽちょ、でした。

関連記事

  1. 150617_jinseiron

    武者小路実篤『人生論・愛について』は僕の座右の書

  2. alphabet_character_k

    岸見一郎・古賀史健『嫌われる勇気』を振り返るよ

  3. alphabet_character_t

    筒井康孝『旅のラゴス』を読むと無性に勉強がしたくなる

  4. 150927_kindle

    Kindle Paperwhiteでフォルダを作って本を整理する…

  5. 150529_tetsugaku

    土屋賢二『あたらしい哲学入門』読んでるよ

  6. 150612_kuukounite

    村上龍『空港にて』は僕が心を整えたい時に読む本

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


「といぽちょりん」について

alphabet_character_t

ワーカホリック(仕事中毒)気味の僕「といぽちょ」が、自分の脳みそと精神をゆるめるために書いているブログ。ゆるく、ハードルを低く、がテーマです。文章を書くという行為は、慣れてくると息をするように出来るものです。その文章のクオリティを問わなければね!このブログは、クオリティの低さを追求してゆきます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る