閉じる
閉じる
閉じる
  1. 秋葉原の連絡通路でスターウォーズフィギュアの展示やっているよ【2016…
  2. 「おかしいぞ?ヤル気が出ないぞ?」という時に足りないもの
  3. デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』を観たら力が湧いて…
  4. スタンリー・キューブリック『アイズ・ワイド・シャット』の、このセリフ
  5. 「カンブリア宮殿」で梅原真さんというデザイナーを知った
  6. キャスリン・ビグロー『ゼロ・ダーク・サーティ』は問題作みたいだけど、単…
  7. ニール・ブロムカンプ『第9地区』をNetflix(ネットフリックス)で…
  8. 中秋の名月「スーパームーン」をそこそこ良いデジカメ(RX100)で撮っ…
  9. Kindle Paperwhiteでフォルダを作って本を整理する方法
  10. naftのcollinette(コリネット)[ツボ押し]が販売中止だっ…
閉じる

といぽちょりん

Sponsored Link

「作法」ってさ「人と関わらない」ための便利な道具なんだね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
alphabet_character_s

こんばんは、といちょぽ、だよ。

始めに、今日あった些細なことを話そうと思う。たいしたことじゃないよ。駅でさ、なんか不機嫌そうに勢いよく歩いてきた人にぶつかられたんだ。で、「なんて不作法な人だろう」って思ったんだ。それだけ。

べつにそれはいいんだけど、そのことがきっかけで考えた事があるから書こうと思う。

まずね、疲れている時って、他人と関わり合いになりたくない、って思ったりするじゃない。まあ僕は思うわけ。それでね、仮に僕が、ひどく疲れていて不機嫌で、「不作法」にふるまったと仮定しよう。そうすると何が起きるだろう。

例えば、今日ぶつかってきた人みたいに、人を押しのけるようにして行動する。そうすると、相手との間に関わり合いが生じちゃうんだよね。例えば、文句を言われたり、服が傷んだり、記憶に残ったり。本来ならば関わり合う必要の無かった他人との間に関係性が生じてしまうんだ。

ただでさえ疲れているのに、わざわざ他人との関係性を増やす必要は、本当はないんだよね。そのための華麗な道具が「作法」なのかな、って思ったわけ。

他の例をあげてみよう。例えば静かなレストラン。お客たちがみんな「作法を守って」静かに食事をしている限りは、何も起こらない。隣でどんな人が食事をしていたかなんて、きっと記憶に残らない。でも、「不作法」な人がいて、音を立てたり汚したり、目立つことをしていたら、とたんにお客同士、意識が交錯してしまう。関係性が生じちゃうんだ。他人との距離が縮まってしまう。無駄にね。

世界の大半の人は、忙しいし疲れている。だから、他人との間に適度な距離感が必要だ。だからこそ「作法」は大事って思うんです。自分が疲れているときこそ、作法を守って距離を保つ。

そういうことなのかな、と考えた次第です。

ではこのへんで。といぽちょ、でした。

関連記事

  1. alphabet_character_r

    リドリー・スコット『ブラックホークダウン』映画の力量がすごい

  2. alphabet_character_s

    全ては僕の修行が足りないから

  3. alphabet_character_y

    「やってみよう」力を毎日1mmでも鍛えよう

  4. alphabet_character_t

    といぽちょ、とは。

  5. alphabet_character_f

    フェイスブックアプリをスマホのトップ画面から消したよ

  6. alphabet_character_b

    このブログを書く理由は「書いてみないと分からない」から

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


「といぽちょりん」について

alphabet_character_t

ワーカホリック(仕事中毒)気味の僕「といぽちょ」が、自分の脳みそと精神をゆるめるために書いているブログ。ゆるく、ハードルを低く、がテーマです。文章を書くという行為は、慣れてくると息をするように出来るものです。その文章のクオリティを問わなければね!このブログは、クオリティの低さを追求してゆきます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る